会社方針

経営理念

会社方針

 


代表メッセージ

社長

 戸出化成は昭和42年の創業以来、一貫して真摯にモノづくりに取り組み、持てる技術と技能の研鑽に励んでまいりました。

 私たちが手がけたプラスチック製品がお客様を介して広く社会へと巣立ち、人々の快適な暮らしの一助となれることに日々無上の喜びを感じております。

 わが国の産業は長い低迷期にありますが、私は高品質・低価格・短納期の3つの基本に真剣に挑み続けることで、当社の持続的発展は可能であると信じています。

 また、これまで利活用の困難であった間伐材などの未活用資源を用いた環境対応型プラスチック材料の新技術開発を通し、事業と地球環境の調和への具体的アクションを進めてまいります。

 今後とも、皆様のより一層のご指導、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます 。


品質・環境方針

品質方針

 「当社は、適用法規、規格及びお客様の品質要求を満足し、信頼性の高い金型とプラスチック製品の製造販売に、全社員の総力を持って取り組みます。」

環境方針

 「当社は、事業活動において『環境関連規制の遵守』と『グリーン調達』を基本とし、地球環境負荷の低減に、全社員の総力を持って取り組みます。」


会社沿革

昭和42年
高畑研磨工業所として創業、アルミ鋳造品、熱硬化性樹脂製品の羽布仕上げを始める
昭和50年
戸出化成株式会社に改名、プラスチック射出成形機を導入
昭和52年
本社工場を新築、工場の近代化を図る
平成元年4月
関連会社 有限会社トイデ通商を設立
    8月
西工場新設
平成10年3月
富山労働局より快適職場推進事業所として認定される
平成13年1月
富山商工会連合会よりモデル企業に指定される
平成13年12月
ISO14001認証取得
平成14年12月
ISO9001認証取得
平成18年4月
砺波工場新設
    6月
三次元測定機を導入
平成20年1月
3D積層プリンターを導入(硬質ABS素材)
平成22年10月
デジタルマイクロスコープを導入
平成23年5月
流動解析ソフト導入
    11月
WPC製造技術に関する研究が高岡産業文化振興基金の症例事業として認定
平成25年1月
関連会社 株式会社戸出O-Fitを設立
    5月
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)よりイノベーション実用化ベンチャー支援事業として㈱戸出O‐Fit「ミクロフィラー化によるフライアッシュ複合材料製造装置の実用化」が採択される
平成26年10月
光硬化3Dプリンターを導入(軟質ゴムライク素材)
平成28年9月
創立40周年記念式典開催
平成28年12月
560トン射出成形機の導入